歯周病治療

BAD BREATH OUTPATIENT

periodontal disease
歯周病とは

歯周病(ししゅうびょう)は、歯を支える歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、初期段階では歯肉炎(歯肉の炎症)として始まり、進行すると歯周炎となります。歯周炎が進行すると、歯を支える骨が破壊され、最終的には歯が抜け落ちることがあります。歯周病は適切な口腔ケアと早期の治療によって予防・管理が可能です。歯茎の健康を保つために、定期的な歯科検診を受けることが重要です。

歯肉炎

・歯茎が赤く腫れるああああああああああああああ
・歯磨きで出血するああああああああああああああ
・自覚できるほどの症状がないため、進行しやすい

歯周炎

歯肉炎の症状に加えて

・歯が浮く/うずく/ぐらつく
・口臭あああああああああ//
・歯茎を押すと膿が出るあ//
・歯が凍みるああああああ//

Causes of periodontal disease
歯周病の原因

主な原因は、口腔内に存在する細菌が形成するプラークです。歯が十分に磨けていないと、このプラークが歯と歯茎の境目に蓄積し、除去されないと歯石に変わります。歯石はさらに細菌の温床となり、歯周病はこの細菌が繁殖することで歯周組織に炎症を引き起こします。歯茎が赤くブヨブヨとした感じになったり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。

Flow of periodontal disease treatment
歯周病治療のながれ

STEP1

<検査・カウンセリング>

・歯周ポケットの深さ、出血の有無
・歯垢や歯石の付着量ああああああ
・歯のぐらつき度合あああああああ
・レントゲンによる骨の状態あああ
・虫歯チェックあああああああああ
・細菌/口臭検査(希望あれば)//あ
・口腔内スキャン(必要に応じて)
・口腔内写真ああああああああああ

STEP2

<ブラッシング指導>

・歯科衛生士による歯磨き指導

STEP3

<スケーリング>

・歯科衛生士が超音波スケーラーを用いて、歯の表面に付着した歯垢や歯石を取り除く

歯の表面の歯石除去(スケーリング)及び、患者さんの丁寧な歯磨きによって改善が見られている場合、これ以降、定期的なメンテナンスに移る

STEP4

<ルートプレーニング>

・歯周ポケット内に溜まっている歯石を除去する

「ルートプレーニング」で改善が見られている場合、これ以降、定期的なメンテナンスへと移行

STEP5

<外科的な治療(フラップ手術)>

・歯周病の基本治療で改善が見られなかった場合、外科的治療を行う

STEP6

<定期的なメンテナンス>

・1~3か月間隔で定期健診や歯のクリーニングを受診することを勧める

Prevention of periodontal disease
歯周病の予防

歯周病の予防には、以下のような方法が有効です。これらの方法を実践することで、歯周病のリスクを低減し、口腔内の健康を維持することができます。
・毎日の適切な歯磨きとフロスの使用
・定期的な歯科検診とプロフェッショナルクリーニング
・喫煙を避ける
・健康的な食事と生活習慣の維持

歯周病は適切な口腔ケアと早期の治療によって予防・管理が可能です。歯茎の健康を保つために、定期的な歯科検診を受けることが重要です。これらの対策を日常生活に取り入れることで、歯周病の予防と管理が効果的に行えます。個々の状況に応じて最適な予防策を見つけることも重要ですので、お気軽にご相談ください。